メニューを開く 検索を開く ログイン

骨折高リスク患者群で効果を直接比較

JOINT-05研究・テリパラチド vs. アレンドロネート

 2020年01月27日 13:03
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 JOINT-05は、骨折リスクが高い日本人骨粗鬆症患者を対象に、週1回投与のテリパラチドとアレンドロネートの骨折抑制効果を比較する進行中の大規模臨床研究である。栄宏会小野病院(兵庫県)骨代謝疾患研究所所長の杉本利嗣氏は、同研究のベースラインデータを解析。既存のJOINT研究では類を見ない高齢かつ骨折の高リスク患者群が対象の結果を、第21回日本骨粗鬆症学会(2019年10月11~13日)初日に開かれた骨粗鬆症至適療法研究会(A-TOP研究会)Annual meetingで示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  骨折高リスク患者群で効果を直接比較

error in template: found but mtif was expected