メニューを開く 検索を開く ログイン

女性医師のキャリア:男女とも意識改革必要

消化器内科編

 2020年01月27日 09:31
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、新卒医師に占める女性の割合は高くなってきた一方で、女性管理職の数はまだまだ少ない。若くして出産や育児で第一線を退き、そのまま医師としてのキャリアを終えてしまうケースも目立つ。川崎医科大学消化管内科教授の塩谷昭子氏は、わが国における女性医師の現状について第27回日本消化器関連学会週間(JDDW 2019、2019年11月21〜24日)で報告し、「男性医師だけでなく女性医師自身の意識改革も必要」と述べた。(関連記事:「女性医師のキャリア:ある女性医師のケース」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  ワーク・ライフ »  女性医師のキャリア:男女とも意識改革必要