メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  PPI使用で乳がんサバイバーの認知障害増

PPI使用で乳がんサバイバーの認知障害増

2020年01月28日 05:15

9名の医師が参考になったと回答 

 プロトンポンプ阻害薬(PPI)は、がん治療に関連した胃腸症状を緩和する目的で使用されることがある。米国の3件の臨床試験データを検討した結果、乳がんサバイバーにおけるPPIの使用は集中力低下や記憶障害と関連することが分かった。米・Ohio State UniversityのAnnelise A. Madison氏らが、J Cancer Surviv2020年1月13日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  PPI使用で乳がんサバイバーの認知障害増