メニューを開く 検索を開く ログイン

PPI使用で乳がんサバイバーの認知障害増

 2020年01月28日 05:15
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 プロトンポンプ阻害薬(PPI)は、がん治療に関連した胃腸症状を緩和する目的で使用されることがある。米国の3件の臨床試験データを検討した結果、乳がんサバイバーにおけるPPIの使用は集中力低下や記憶障害と関連することが分かった。米・Ohio State UniversityのAnnelise A. Madison氏らが、J Cancer Surviv2020年1月13日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「クラスター」「ロックダウン」...カタカナ語をどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  PPI使用で乳がんサバイバーの認知障害増

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P03524044 有効期限:3月末まで