メニューを開く 検索を開く ログイン

飲酒が「百薬の長」になる条件とは

2型糖尿病患者400例超で検討

 2020年01月28日 05:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 飲酒と健康との関連をめぐってはさまざまな報告がある。日本糖尿病学会では血糖管理が良好な2型糖尿病患者におけるアルコール摂取量の上限を25g/日としているが、京都山城総合医療センター生活習慣病内科の堤丈士氏らによると、アルコール摂取量や酒類が糖・脂質管理に及ぼす影響についての報告はあまりないことから、2型糖尿病患者400例超を対象に、アルコール摂取と非摂取で血糖値、コレステロール値、心拍数などを比較。第54回日本成人病(生活習慣病)学会(2020年1月11〜12日)で結果を報告し、飲酒が「百薬の長」となる条件を提示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

中国にマスクを提供する自治体が続出

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  飲酒が「百薬の長」になる条件とは

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P02524051 有効期限:2月末まで