メニューを開く 検索を開く ログイン

早期妊娠喪失は長期の心的外傷後ストレスに

 2020年01月29日 05:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 流産などで早期妊娠喪失を経験する女性は少なくなく、これまでに流産と不安やうつ病の初期症状が関連することが分かっている。しかし、患者の心理的な後遺症は見落とされがちだった。英・Imperial College Londonとベルギー・Katholieke Universiteit Leuvenの研究チームは、流産および子宮外妊娠による早期妊娠喪失を経験した女性を対象に、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、不安、うつ症状のレベルを検討。その結果、健康な妊婦に比べて中等度から重度の症状が多く見られたとAm J Obstet Gynecol2019年12月13日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  女性疾患・周産期 »  早期妊娠喪失は長期の心的外傷後ストレスに

error in template: found but mtif was expected