メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  喫煙は禁煙後も身体の痛みに永続的に影響

喫煙は禁煙後も身体の痛みに永続的に影響

2020年01月30日 05:00

15名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images

 喫煙によって健康上のさまざまなリスクが増加することは周知の事実であり、喫煙によって身体の痛みが強くなるという報告もある。さらに、現在は禁煙しているがかつて日常的に喫煙していた人は、日常的に喫煙したことがない人に比べて身体の痛みを感じやすく、現在日常的に喫煙している人と同じように高いレベルの痛みを感じることが分かった。喫煙した期間が痛みに対して永続的な影響を及ぼす可能性があるという。英・University College LondonのOlga Perski氏らがAddict Behav2020; 102: 106229)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  喫煙は禁煙後も身体の痛みに永続的に影響