メニューを開く 検索を開く ログイン

野菜摂取の増加で前立腺がん進行抑制されず

前立腺がんに対する食事介入で初のRCT

 2020年01月30日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 前立腺がんに対する食事介入の効果を検証した初のランダム化比較試験(RCT)MEAL(The Men's Eating and Living)の結果を、米・University of California, San DiegoのJ. Kellogg Parsons氏らがJAMA(2020; 323: 140-148)に発表した。同試験では、監視療法を受けている早期前立腺がん患者において、野菜の摂取量の増加を促す行動介入による増悪リスクの有意な低下は認められなかった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「クラスター」「ロックダウン」...カタカナ語をどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  野菜摂取の増加で前立腺がん進行抑制されず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P03524041 有効期限:3月末まで