メニューを開く 検索を開く ログイン

特発性潰瘍が増加、早急な対策を

 2020年01月31日 05:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 Helicobacter pyloriH. pylori)陰性かつ非ステロイド抗炎症薬(NSAID)に起因せず、原因が特定できない消化性潰瘍は特発性潰瘍に分類される。高齢、動脈硬化などの基礎疾患、心因性ストレスなどが誘因とされるが、有効な治療法は確立されていない。日本での発症頻度は数%と考えられていたが、最近はH. pylori感染率の低下や高齢化率の上昇に伴い12%程度とする報告もあり、さらなる増加が懸念される。JA北海道厚生連旭川厚生病院消化器科医長の田中一之氏は、第47回日本潰瘍学会/第21回日本神経消化器病学会(2020年1月16~17日)で同院が経験した特発性潰瘍の4例を紹介し、早急な対策の必要性を訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍での避難所生活。最も呼び掛けたい注意点は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  特発性潰瘍が増加、早急な対策を

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07524049 有効期限:7月末まで