メニューを開く 検索を開く ログイン

ブルーライトが外傷性脳損傷の回復を促進

 2020年01月31日 05:00
プッシュ通知を受取る

55名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 青色光デバイスをテスト(写真:William "Scott" Killgore)

 軽度外傷性脳損傷(mTBI)は一般的に転倒や交通事故、スポーツによる頭部への衝撃により発生するが、爆発の衝撃波などの影響でも起こる。米・University of Arizonaの主導で実施された二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験において、早朝にブルーライト(青色光)を浴びるとmTBI後の睡眠障害や注意・認知障害、脳の構造的損傷からの回復が促進される可能性が示された。詳細は同大学のWilliam D.S. Killgore氏らがNeurobio Dis(2020; 134: 104679)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  ブルーライトが外傷性脳損傷の回復を促進