メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  ビフィズス菌製剤で慢性便秘症のQOL改善

ビフィズス菌製剤で慢性便秘症のQOL改善

2020年01月31日 05:05

15名の医師が参考になったと回答 

 慢性便秘症は、社会の高齢化に伴い患者数が年々増加している。横浜市立大学肝胆膵消化器病学の冬木晶子氏は「ビフィズス菌製剤の投与により慢性便秘症の症状とQOLが改善し、有害事象の報告はなかった」と第27回日本消化器関連学会週間(JDDW 2019、2019年11月21〜24日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  ビフィズス菌製剤で慢性便秘症のQOL改善