メニューを開く 検索を開く ログイン

ビフィズス菌製剤で慢性便秘症のQOL改善

 2020年01月31日 05:05
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性便秘症は、社会の高齢化に伴い患者数が年々増加している。横浜市立大学肝胆膵消化器病学の冬木晶子氏は「ビフィズス菌製剤の投与により慢性便秘症の症状とQOLが改善し、有害事象の報告はなかった」と第27回日本消化器関連学会週間(JDDW 2019、2019年11月21〜24日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナで各種イベントが中止

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  ビフィズス菌製剤で慢性便秘症のQOL改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P02524076 有効期限:2月末まで