メニューを開く 検索を開く ログイン

緊張によって食欲が低下する理由とは

脳内メカニズムの一部を解明

 2020年02月03日 05:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 現代人にとって、ストレスは避けて通れない。大事な試験やプレゼンテーションの前に、緊張から生じる心理的ストレスによって食欲の低下を経験したことがある人は少なくないだろう。大阪市立大学大学院運動生体医学教授の吉川貴仁氏らは、心理的負担のかかるイベントを目前に控えた状態を実験的につくり出し、将来の心理的負担を予期することで生じる食欲低下と関連する脳活動を測定。その結果、ストレス負荷によって食欲に変化が生じる際の脳神経メカニズムが明らかになったと、PLoS One2020; 15: e0228039)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  緊張によって食欲が低下する理由とは