メニューを開く 検索を開く ログイン

多発性硬化症の進行に関連する機序を解明

 2020年02月04日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 多発性硬化症(MS)は中枢神経系の自己免疫疾患で、20~30歳代に好発し男女比は1:2.9〜3と女性に多い。近年、患者数が右肩上がりで増加しており、日本では約2万5,000人、世界では250万人に上ると推定されている。原因不明で根治療法はないため、生涯にわたる疾病負担が大きな社会問題となっている。九州大学大学院神経内科学教授の吉良潤一氏らの研究グループは、マウス実験によりMSの進行と関連する中枢グリア細胞の活性化を制御しているギャップ結合蛋白質を発見したとProc Natl Acad Sci USA2020; 117: 2160-2169)に報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  多発性硬化症の進行に関連する機序を解明