メニューを開く 検索を開く ログイン

日本で撲滅寸前のHCVにワクチンは必要か?

 2020年02月04日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 C型肝炎に対する治療は直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の登場によりほぼ全てのウイルスを排除できるようになり、わが国では「撲滅」も視野に入っている。しかし、世界的規模で見ると、DAAの恩恵にあずかれるのは患者のわずか1~2%でしかない。大阪大学微生物病研究所分子ウイルス分野教授の松浦善治氏は第23回日本ワクチン学会(2019年11月30日~12月1日)で、C型肝炎ウイルス(HCV)を排除しても肝がん発症のリスクが残る、再感染の可能性があるなどの問題点を指摘した上で、HCVワクチンの必要性を強調した。さらに、開発中のワクチンを解説するとともに、有効なワクチン開発の方向性を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  日本で撲滅寸前のHCVにワクチンは必要か?