メニューを開く 検索を開く ログイン

発酵性大豆食品で全死亡リスクが低下

9万人超対象の多目的コホート研究JPHC

 2020年02月05日 17:24
プッシュ通知を受取る

25名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 アジア諸国、特に日本では大豆食品や発酵性大豆食品の種類が豊富で摂取量も多い。国立がん研究センター社会と健康研究センター疫学研究部研究員の片桐諒子氏らは、日本人9万人超を対象に大豆食品、発酵性大豆食品の摂取量と死亡リスクの関係を検討した結果、発酵性大豆食品の摂取量が多いほど全死亡リスクは低下することが明らかになったとBMJ2020; 368: m34)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「緊急事態宣言」が発令

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  発酵性大豆食品で全死亡リスクが低下

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524165 有効期限:4月末まで