メニューを開く 検索 ログイン

発酵性大豆食品で全死亡リスクが低下

9万人超対象の多目的コホート研究JPHC

2020年02月05日 17:24

33名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 アジア諸国、特に日本では大豆食品や発酵性大豆食品の種類が豊富で摂取量も多い。国立がん研究センター社会と健康研究センター疫学研究部研究員の片桐諒子氏らは、日本人9万人超を対象に大豆食品、発酵性大豆食品の摂取量と死亡リスクの関係を検討した結果、発酵性大豆食品の摂取量が多いほど全死亡リスクは低下することが明らかになったとBMJ2020; 368: m34)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  発酵性大豆食品で全死亡リスクが低下