メニューを開く 検索を開く ログイン

運動習慣で糖尿病患者の要介護リスクが低減

 2020年02月06日 18:23
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 2型糖尿病患者でも定期的な運動習慣がある者では、要介護状態に陥るリスクを非糖尿病者並みに低減できることが明らかになった。この知見は、新潟大学血液・内分泌・代謝内科学教授の曽根博仁氏、准教授の藤原和哉氏らが新潟県三条市の医療ビッグデータを統合解析して得られたもので、結果の詳細はBMJ Open Diabetes Res Care2020年1月24日オンライン版)に報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナで各種イベントが中止

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  運動習慣で糖尿病患者の要介護リスクが低減

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P02524145 有効期限:2月末まで