メニューを開く 検索を開く ログイン

薬物依存症治療に"自己治療仮説"の視点を

 2020年02月06日 05:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 かつて薬物依存症の原因は患者の快楽希求的、もしくは自己破壊的な性格に求められていたが、その後多くの仮説に基づく検討が行われ、いずれも今日では否定されている。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長の松本俊彦氏は、自身が抱える困難や苦痛を緩和しようと試みた結果、依存症に陥るという"自己治療仮説"を援用して薬物依存症の原因を考察し、望ましい治療の在り方を第26回日本行動医学会(2019年12月6~7日)で示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

政府、各世帯に布マスク2枚を配布へ

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  薬物依存症治療に"自己治療仮説"の視点を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524153 有効期限:4月末まで