メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

新型コロナ診療の専門家が鑑別ポイント示す

 2020年02月07日 19:12
プッシュ通知を受取る

79名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2019年)12月に中国・武漢市で発生し、世界各地で患者数が急増している新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症。日本人の感染者数も増加しており、今後は日本の医療関係者が診療するケースは多くなると見られる。国立国際医療研究センター国際感染症センターセンター長の大曲貴夫氏は本日(2月7日)、東京都で開かれた日本感染症学会・日本環境感染学会緊急セミナーで、自身の診療経験を基に2019-nCoV感染症の臨床象やその他のウイルスによる感冒などとの鑑別ポイントについて説明した(関連記事「新型コロナ、軽症は全ての医療機関で対応を」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ診療の専門家が鑑別ポイント示す