メニューを開く 検索を開く ログイン

患者会の発案による医師主導治験がまもなく開始

EGFR変異陽性肺がんにおける最大のアンメットニーズ、T790M陰性例に対する第三世代EGFR-TKIの有効性を検証

 2020年02月08日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 患者会の発案による日本初の医師主導治験が始まろうとしている。上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)における"最大のアンメットニーズ"とされるT790M陰性例に対する第三世代EGFRチロンシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)の有効性を検証する研究だ。進行EGFR遺伝子変異陽性NSCLCにおいて、第三世代EGFR-TKIオシメルチニブはキードラッグの1つとなっているが、一次治療薬で耐性を認めた場合、EGFRの二次的遺伝子変異であるT790Mが陰性例では同薬は投与できず、その後は化学療法しか治療選択肢がない。「このような状況を打破したい」との肺がん患者と臨床医の熱い思いが起点となり、これまで世界で試みられなかったチャレンジが日本で始まろうとしている。聖マリアンナ医科大学呼吸器内科講師の古屋直樹氏に、同治験の意義について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  患者会の発案による医師主導治験がまもなく開始

error in template: found but mtif was expected