メニューを開く 検索を開く ログイン

がん免疫療法時代のLiquid Biopsyの可能性

 2020年02月11日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、リキッドバイオプシーのがん臨床への応用が進展しており、血中循環腫瘍細胞(Circulating Tumor Cells;CTC)や血中遊離DNA(cell-free DNA;cfDNA)中の血中循環腫瘍DNA(circulating tumor DNA;ctDNA)を用いた治療経過のモニタリングおよび抗悪性腫瘍薬の効果予測などに期待が寄せられている。近畿大学ゲノム生物学教室教授の西尾和人氏は、免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の効果予測におけるリキッドバイオプシーの可能性について、第4回Liquid Biopsy研究会(1月17~18日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  がん免疫療法時代のLiquid Biopsyの可能性