メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  併存疾患型ADHDの診療ガイドラインを発表

併存疾患型ADHDの診療ガイドラインを発表

2020年02月12日 05:05

12名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、学習障害や精神障害など他の障害が併存する併存疾患型ADHD (complex ADHD)であることが多く、疾患が単一ではないことが診断や治療を複雑にしている。米国発達・行動小児科学会(SDBP)は「小児および青年における併存疾患型ADHDの評価と治療のための診療ガイドライン」を初めて策定、J Dev Behav Pediatr2020年1月30日オンライン版)に発表した。(関連記事「米国小児科学会が小児ADHDのGLを改訂」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  併存疾患型ADHDの診療ガイドラインを発表