メニューを開く 検索を開く ログイン

中国の専門家、感染ピークは今月中旬から「4月頃の終息望む」〔読売新聞〕

 2020年02月12日 17:29
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

【北京=中川孝之】新型コロナウイルスによる肺炎で、中国政府の国家衛生健康委員会は12日、同日午前0時(日本時間午前1時)時点の中国本土の死者が1113人に増えたと発表した。感染が深刻な湖北省では、11日に94人の死亡が確認され、省内の死者数は1068人に達した。

 湖北省の死者は、感染が最も深刻な武漢市が820人を占めた。死者を含めた合計の感染者は中国本土で4万4653人、湖北省で3万3366人に拡大した。

 日本政府が、住民らを新たに入国拒否の対象に含めると決めた浙江省は、12日までの感染者が1131人となった。感染者の人数で比較すると、広東省が1219人、河南省が1135人と浙江省を上回っている。

 中国政府の専門家チームトップの鍾南山(ジョンナンシャン)氏は11日、ロイター通信に対し、感染のピークは2月中旬から下旬になるとの見通しを示し、「4月頃に終息することを望んでいる」と語った。

(2020年2月12日 読売新聞)

ヨミドクター

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナで各種イベントが中止

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  yomiDr. »  中国の専門家、感染ピークは今月中旬から「4月頃の終息望む」〔読売新聞〕

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P02524233 有効期限:2月末まで