メニューを開く 検索を開く ログイン

"イリュージョン"で強迫性障害の克服を

 2020年02月13日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 強迫性障害(OCD)は世界で50人に1人が罹患し、汚染への過度の不安が引き起こす洗浄行動が生活に深刻な影響を与える。時に難渋するOCDの治療において、偽の手を自分の手と錯覚させるラバーハンドイリュージョン(RHI)の手法が有用な一手になるかもしれない。英・University of Cambridge School of Clinical MedicineのBaland Jalal氏らが、RHIを用いた検討の結果をFront Hum Neurosci2020; 13: 414)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「緊急事態宣言」が発令

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  "イリュージョン"で強迫性障害の克服を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524161 有効期限:4月末まで