メニューを開く 検索を開く ログイン

"イリュージョン"で強迫性障害の克服を

 2020年02月13日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 強迫性障害(OCD)は世界で50人に1人が罹患し、汚染への過度の不安が引き起こす洗浄行動が生活に深刻な影響を与える。時に難渋するOCDの治療において、偽の手を自分の手と錯覚させるラバーハンドイリュージョン(RHI)の手法が有用な一手になるかもしれない。英・University of Cambridge School of Clinical MedicineのBaland Jalal氏らが、RHIを用いた検討の結果をFront Hum Neurosci2020; 13: 414)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  "イリュージョン"で強迫性障害の克服を