メニューを開く 検索を開く ログイン

血圧の変動幅が大きいとCVDリスク上昇

米・若年成人約3,400例を対象に検討

 2020年02月13日 05:10
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 若年成人期の血圧値の変動が大きい人は、中年期までに心血管疾患(CVD)を発症するリスクが高まるとの研究結果を、米・Duke UniversityのYuichiro Yano氏らがJAMA Cardiol2020年1月22日オンライン版)に発表した。この結果を踏まえ、Yano氏らは「米国心臓協会(AHA)/米国心臓病学会(ACC)のガイドラインでは、複数回にわたって測定した血圧の平均値に基づき降圧薬の必要性を判断することを推奨しているが、血圧の変動性にも注意すべきである」と指摘している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「緊急事態宣言」が発令

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  血圧の変動幅が大きいとCVDリスク上昇

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524189 有効期限:4月末まで