メニューを開く 検索を開く ログイン

外国人労働者の血球数異常にストレスが関与?

外国人技能実習生・労働者の入国時健診データを解析

 2020年02月14日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

24981_face1.png 日本では少子高齢化の進展と労働人口の減少を背景に、外国人労働者の受け入れが拡大している。操健康クリニック(岐阜市)の正村優紀氏は、2016年12月~18年11月に同クリニックで健康診断を受診した外国人技能実習生・労働者を対象に、就業時健診データと再検査時のデータを項目別に解析。飛行時間が長くかつ入国から短期間で健診を受けた外国人労働者ほどストレスによる血球数異常が見られる傾向にあると、第48回日本総合健診医学会(2月7~8日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  外国人労働者の血球数異常にストレスが関与?