メニューを開く 検索を開く ログイン

新型肺炎「日本の動向が世界の方針に影響」

 2020年02月14日 16:40
プッシュ通知を受取る

169名の先生が役に立ったと考えています。

 日本環境感染症学会は、第35回同学会(2月14~15日)の緊急セミナー「新型コロナウイルス感染症の対策を考える」を本日(2月14日)開催。昨日には、日本で初となる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死亡例や医師の感染例が報告されており、世界がこの状況を懸念しているという。世界保健機関(WHO)シニアアドバイザーで感染症危機管理を担当する進藤奈邦子氏は、同セッションで日本に向けたメッセージを発信した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型肺炎「日本の動向が世界の方針に影響」

error in template: found but mtif was expected