メニューを開く 検索 ログイン

健診でレビー小体病のリスク評価が可能

2020年02月17日 05:00

17名の医師が参考になったと回答 

 名古屋大学大学院神経内科学教授の勝野雅央氏らは、健康診断受診者を対象に日本人の一般人口におけるレビー小体病〔パーキンソン病(PD)とレビー小体型認知症(DLB)〕の前駆症状の保有率を調査。自覚症状がない50歳以上の健診受診者で前駆症状を有する高リスク者の割合は5.7%だったとJ Neurol(2020年2月7日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  健診でレビー小体病のリスク評価が可能