メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  臨床医学 »  内科入院の10%は薬物有害事象が原因

内科入院の10%は薬物有害事象が原因

2020年02月17日 17:35

7名の医師が参考になったと回答 

 薬物有害事象による入院の頻度は日本ではほとんど検証されておらず、回避可能な薬物有害事象による頻度も同様である。国立病院機構栃木医療センター内科の駒ヶ嶺順平氏は、薬物有害事象による入院および回避可能な薬物有害事象の頻度を調べ、「内科入院の約10%は薬物有害事象が原因で、そのうち3分の2は回避可能性があることが分かった」と第40回日本臨床薬理学会(2019年12月4〜6日)で報告した。なお、今回の研究結果の詳細はBMJ Open(2019; 9: e030515)に掲載されている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  臨床医学 »  内科入院の10%は薬物有害事象が原因