メニューを開く 検索を開く ログイン

内科入院の10%は薬物有害事象が原因

 2020年02月17日 17:35
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 薬物有害事象による入院の頻度は日本ではほとんど検証されておらず、回避可能な薬物有害事象による頻度も同様である。国立病院機構栃木医療センター内科の駒ヶ嶺順平氏は、薬物有害事象による入院および回避可能な薬物有害事象の頻度を調べ、「内科入院の約10%は薬物有害事象が原因で、そのうち3分の2は回避可能性があることが分かった」と第40回日本臨床薬理学会(2019年12月4〜6日)で報告した。なお、今回の研究結果の詳細はBMJ Open(2019; 9: e030515)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

政府、各世帯に布マスク2枚を配布へ

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  臨床医学 »  内科入院の10%は薬物有害事象が原因

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524232 有効期限:4月末まで