メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

発症3日以内のDOAC開始は安全

急性期脳梗塞に対する早期抗凝固療法

 2020年02月18日 05:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 非弁膜症性心房細動(NVAF)を有する急性期脳梗塞/一過性脳虚血発作(TIA)患者における再発予防を目的とした直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)は、脳梗塞の重症度に注意すれば発症後数日以内に開始してもリスクは上昇しない。国立循環器病研究センター脳血管内科・脳神経内科の溝口忠孝氏らは、多施設共同研究SAMURAI-NVAFに登録された患者を対象にDOAC早期投与の有用性と安全性を検討、詳細をStroke2020年1月22日オンライン版)に報告した。(関連記事「発症3日以内でもリバーロキサバン開始可能」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  発症3日以内のDOAC開始は安全

error in template: found but mtif was expected