メニューを開く 検索を開く ログイン

18歳女性集団に忍び寄るサルコペニアの影

 2020年02月20日 05:00
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 超高齢社会を迎えた日本では人生100年時代といわれているが、男女とも平均寿命と健康寿命の乖離が10年近くある。要介護認定高齢者は約600万人に上ると推定され、要介護の原因となる骨粗鬆症やサルコペニアへの対策が求められている。国立病院機構京都医療センター臨床研究センター内分泌代謝高血圧研究部臨床内分泌代謝研究室室長の日下部徹氏は、第40回日本肥満学会/第37回日本肥満症治療学会(2019年11月2~4日)で、サルコペニアに関するコホート研究の解析結果を紹介。若年(平均年齢18歳)女性が将来のサルコペニアリスクにさらされている現状を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  学会レポート »  18歳女性集団に忍び寄るサルコペニアの影