メニューを開く 検索を開く ログイン

低線量CT検診の有効性を欧米の事例で検証

 2020年02月20日 05:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国では、肺がんの対策型検診としての低線量CT検診(LDCT)の導入を検討する動きがあり、制度の確立に向けて参考にすべく、米国などの先行研究に注目が集まっている。千葉大学病院腫瘍内科教授の滝口裕一氏は、第27回日本CT検診学会学術集会(2月7~8日)で、これまでに発表されたLDCTに関する欧米の研究を概説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ、第二波対策で最重要課題は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  低線量CT検診の有効性を欧米の事例で検証

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05524333 有効期限:5月末まで