メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

新型コロナ、水際対策から感染蔓延期へ

日本感染症学会・日本環境感染学会が一般市民と医療従事者に向け呼びかけ

 2020年02月21日 20:40
プッシュ通知を受取る

36名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、指定感染症認定、中国湖北省武漢市からの邦人移送、施設およびクルーズ船における経過観察措置などの水際対策により、日本国内の感染者数の急激な増加に一定の抑制効果を示してきた。しかし2月15日以降、日本各地で感染経路が特定できない感染事例が報告されている。さらに2月20日時点で死亡例が3例報告され、高齢者・基礎疾患のある患者における重症例が報告されつつある。こうした状況を受け、日本感染症学会と日本環境感染学会は、感染対策のフェーズを水際対策期から感染蔓延期へ移行させていく必要があるとし、2月21日付で一般市民と医療従事者を対象とする『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ー水際対策から感染蔓延期に向けてー』を公表した。地域や施設ごとの状況に応じ、感染蔓延期における対策への移行を促すとともに、PCR検査は入院が必要な肺炎例でウイルス性肺炎を疑う場合に絞って実施するよう提言している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ、水際対策から感染蔓延期へ

error in template: found but mtif was expected