メニューを開く 検索

簡易検査で急性腎障害後の高リスク患者特定

2020年02月22日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

 尿中の過剰な蛋白質を測定する簡易な検査で、急性腎障害(AKI)による入院後の進行性腎疾患高リスク患者を高精度に特定できることが示された。検査で退院3カ月後の尿中アルブミン/クレアチニン比(ACR)レベルが高値であった場合、将来の腎疾患リスクが1.5倍に高まるという。米・University of California, San FranciscoのChi-yuan Hsu氏らがJAMA Intern Med2020年1月27日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  簡易検査で急性腎障害後の高リスク患者特定