メニューを開く 検索を開く ログイン

簡易検査で急性腎障害後の高リスク患者特定

 2020年02月22日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 尿中の過剰な蛋白質を測定する簡易な検査で、急性腎障害(AKI)による入院後の進行性腎疾患高リスク患者を高精度に特定できることが示された。検査で退院3カ月後の尿中アルブミン/クレアチニン比(ACR)レベルが高値であった場合、将来の腎疾患リスクが1.5倍に高まるという。米・University of California, San FranciscoのChi-yuan Hsu氏らがJAMA Intern Med2020年1月27日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  簡易検査で急性腎障害後の高リスク患者特定