メニューを開く 検索を開く ログイン

対策型LDCT肺がん検診の現状と課題

 2020年02月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国では、低線量CT(LDCT)による肺がん検診の集団検診(対策型検診)実現に向けた準備が進められている。洛西ニュータウン病院(京都市)放射線科部長の村田喜代史氏は、LDCTを用いた肺がん検診における現状と課題を整理し、第27回日本CT検診学会(2月7~8日)で紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  対策型LDCT肺がん検診の現状と課題

error in template: found but mtif was expected