メニューを開く 検索を開く ログイン

対策型LDCT肺がん検診の現状と課題

 2020年02月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国では、低線量CT(LDCT)による肺がん検診の集団検診(対策型検診)実現に向けた準備が進められている。洛西ニュータウン病院(京都市)放射線科部長の村田喜代史氏は、LDCTを用いた肺がん検診における現状と課題を整理し、第27回日本CT検診学会(2月7~8日)で紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染者急増なのに、重症者が増えないのはなぜ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  対策型LDCT肺がん検診の現状と課題

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07524339 有効期限:7月末まで