メニューを開く 検索を開く ログイン

慢性便秘症の診療では「便意」に留意を

便意消失に関する実態調査

 2020年02月25日 17:57
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 便意の低下・消失は慢性便秘症患者のQOL低下と関連する可能性があるものの、その実態は不明である。横浜市立大学病院肝胆膵消化器病学の大久保秀則氏らは、慢性便秘症患者における便意消失の頻度や治療に対する満足度について調査を実施。結果を第16回日本消化管学会(2月7〜8日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染者急増なのに、重症者が増えないのはなぜ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  慢性便秘症の診療では「便意」に留意を

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07524307 有効期限:7月末まで