メニューを開く 検索 ログイン

慢性便秘症の診療では「便意」に留意を

便意消失に関する実態調査

 2020年02月25日 17:57
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 便意の低下・消失は慢性便秘症患者のQOL低下と関連する可能性があるものの、その実態は不明である。横浜市立大学病院肝胆膵消化器病学の大久保秀則氏らは、慢性便秘症患者における便意消失の頻度や治療に対する満足度について調査を実施。結果を第16回日本消化管学会(2月7〜8日)で報告した。...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  慢性便秘症の診療では「便意」に留意を