メニューを開く 検索 ログイン

FGF23関連疾患、一般医師にも理解求める

2020年02月25日 18:33

6名の医師が参考になったと回答 

 線維芽細胞増殖因子(Fibroblast growth factor;FGF)23関連低リン血症性くる病・骨軟化症は、遺伝性の希少・難治性疾患で、厚生労働省は「指定難病」に定めている。2月最終日の世界希少・難治性疾患の日(RDD)を前にした2月14日、協和キリンが東京都で開いたプレスセミナーで、徳島大学先端酵素学研究所特任教授の福本誠二氏と大阪大学小児科学講座教授の大薗恵一氏が講演。RDD日本開催事務局事務局長の西村由希子氏とともに、FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の治療法や、疾患啓発上の課題について説明した。(関連記事:「希少・難治性疾患を取り巻く現状」「低リン血症性疾患の 診断・治療」」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  FGF23関連疾患、一般医師にも理解求める

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD524313 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外