メニューを開く 検索を開く ログイン

FGF23関連疾患、一般医師にも理解求める

 2020年02月25日 18:33
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 線維芽細胞増殖因子(Fibroblast growth factor;FGF)23関連低リン血症性くる病・骨軟化症は、遺伝性の希少・難治性疾患で、厚生労働省は「指定難病」に定めている。2月最終日の世界希少・難治性疾患の日(RDD)を前にした2月14日、協和キリンが東京都で開いたプレスセミナーで、徳島大学先端酵素学研究所特任教授の福本誠二氏と大阪大学小児科学講座教授の大薗恵一氏が講演。RDD日本開催事務局事務局長の西村由希子氏とともに、FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の治療法や、疾患啓発上の課題について説明した。(関連記事:「希少・難治性疾患を取り巻く現状」「低リン血症性疾患の 診断・治療」」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ、第二波対策で最重要課題は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  FGF23関連疾患、一般医師にも理解求める

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05524313 有効期限:5月末まで