メニューを開く 検索を開く ログイン

乳がん治療にLiquid Biopsyが果たす役割

 2020年02月25日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 がん遺伝子パネル検査が保険診療で可能になり、乳がん領域においてもがんゲノム情報に基づく治療方針の決定が現実になりつつある。血中循環腫瘍DNA(circulating tumor DNA;ctDNA)を対象としたリキッドバイオプシーでは、遺伝子変異に基づく薬剤選択や耐性検出、腫瘍表現型の変化のモニタリングなどに期待が寄せられる。第4回Liquid Biopsy研究会(1月17~18日)で福島県立医科大学腫瘍内科学講座教授の佐治重衡氏は、乳がん治療で求められるリキッドバイオプシーの役割について、臨床の立場から解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

政府、各世帯に布マスク2枚を配布へ

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  乳がん治療にLiquid Biopsyが果たす役割

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524425 有効期限:4月末まで