メニューを開く 検索を開く ログイン

片頭痛予防薬atogepantで発作日数が半減

第Ⅱ/Ⅲ相試験・全用量による忍容性は良好

 2020年02月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 カルシトニン遺伝子関連ペプチド (calcitonin gene-related peptide;CGRP)は片頭痛の発症に関与することが明らかになっており、CGRP受容体をターゲットとした新規の片頭痛治療薬の開発に注目が寄せられる。atogepantはCGRP受容体に高い親和性を有するCGRP受容体拮抗薬で、経口の片頭痛予防薬として開発が進められている。アラガン・ジャパンの吹野晃一氏は、米国で行われた反復性片頭痛に対するatogepan第Ⅱ/Ⅲ相試験の結果を第47回日本頭痛学会(2019年11月15~16日)で報告した。同薬の経口摂取により、1カ月当たりの片頭痛発現日数が3~4日低減することが示されたという(関連記事:「CGRPを標的にした新規片頭痛治療の到来間近」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本の緊急事態宣言の効果は?

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  片頭痛予防薬atogepantで発作日数が半減

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524438 有効期限:4月末まで