メニューを開く 検索を開く ログイン

慢性呼吸器疾患による死亡が18%増加

 2020年02月28日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 世界195カ国の疾患負担データの解析から、過去30年間に慢性呼吸器疾患による死亡・障害が増加していることが分かった。疾患負担が最も高かったのは最貧の地域であった。また、高齢、喫煙、環境汚染、肥満などが慢性呼吸器疾患関連死・障害の重要な危険因子であることも認められた。詳細は中国・Huazhong University of Science and TechnologyのXiaochen Li氏らがBMJ(2020; 368: m234)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  慢性呼吸器疾患による死亡が18%増加