メニューを開く 検索を開く ログイン

スキンフレイルの簡易な評価ツールを開発

 2020年02月28日 05:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 高齢者における皮膚脆弱性には、全身的なフレイルが関連している。フレイルは、基礎疾患以外にも複合的な要因によって生じ、早期の介入により予防できる。淑徳大学看護栄養学部准教授の飯坂真司氏らは、フレイル高齢者における皮膚の脆弱化をフレイルの表現型の1つである「スキンフレイル」と捉え、その程度を評価するツールを開発し、第49回日本創傷治癒学会(2019年12月11~12日)で紹介した。医療専門用語を用いず、「はい」「いいえ」で簡便に回答できるため、専門職のみでなく高齢者自身も利用できる。そのため、スキンフレイルへの早期からの啓発に役立てることが期待できるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  スキンフレイルの簡易な評価ツールを開発