メニューを開く 検索 ログイン

ナルデメジン、がん性疼痛治療を後押し?

オピオイド誘発性便秘症治療薬の有用性を検討

 2020年02月28日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 がん性疼痛の治療ではオピオイド鎮痛薬が中心的な役割を果たすが、副作用として高頻度に便秘(オピオイド誘発性便秘症:OIC)が出現する。OICに対し、下剤で改善しない場合はフェンタニルなどの便秘を来しにくいオピオイドへの変更(オピオイドスイッチング)が行われる。富山大学病院臨床腫瘍部副部長の梶浦新也氏...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  ナルデメジン、がん性疼痛治療を後押し?