メニューを開く 検索を開く ログイン

中国からの輸出例の約7割が未検出か

COVID-19輸出例の検討

 2020年03月03日 16:40
プッシュ通知を受取る

72名の先生が役に立ったと考えています。

 英・Imperial College Londonを拠点とする世界保健機関(WHO)感染症モデリング協力センターとその付属機関である英国医学研究評議会(MRC)国際感染症分析センターおよびAbdul Latif Jameel疾患・非常事態分析研究所の研究者らは、発生以来、拡大し続けている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する研究結果を直ちに共有するために報告書を随時発表している。今年(2020年)2月21日に発表した第6回報告書では、各国のCOVID-19サーベイランスの相対的感度を評価した結果、中国本土から他国への輸出症例の約3分の2が診断されずにいる可能性を指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

政府、各世帯に布マスク2枚を配布へ

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  中国からの輸出例の約7割が未検出か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524517 有効期限:4月末まで