メニューを開く 検索 ログイン

世界のCKDで腎代替療法が大幅に増加

世界疾病負担研究(GBD)2017の解析

2020年03月04日 15:31

4名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 世界疾病負担研究(GBD)2017のデータを解析した結果、世界人口の高齢化に伴い1990~2017年に腎代替療法を必要とする慢性腎臓病(CKD)患者が世界的に大幅に増加し、2017年における障害調整生存年数(DALY)は3,580万に上ることが明らかになった。GBD CKD Collaborationの研究者らがLancet2020年2月13日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  世界のCKDで腎代替療法が大幅に増加

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD524315 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外