メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナのPCR検査、医療者側に感染リスク

日本医師会が注意喚起

 2020年03月04日 18:59
プッシュ通知を受取る

28名の先生が役に立ったと考えています。

 日本医師会(日医)は本日(3月月4日)、東京都で記者会見を開いた。同理事の釜萢敏氏は新型コロナウイルス(2019-nCoV)に対するポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査が今後保険適用されることを踏まえ、検体採取などの際に医療者側に感染リスクが生じるとして注意を喚起。また会見中、明日(3月5日)に決定される予定だった同検査の保険適用が、3月6日以降にずれこむことも明らかになった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナのPCR検査、医療者側に感染リスク