メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

プラークの可視化で炎症が減少

 2020年03月05日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Plaque HD®

 口腔衛生状態が全身の炎症性疾患と関連していることは、多くの研究において報告されている。このたび歯周プラークを識別する技術によってプラークを効果的に除去できる歯磨き粉の使用で、炎症マーカーの高感度C反応性蛋白質(hs-CRP)が減少することが確認されたと、米・University of WisconsinのAmit Acharya氏らがAm J Med2020年2月23日オンライン版)に報告した。この歯磨き粉は全身の炎症性疾患リスクを低減させる可能性があり、今後さらなる研究が実施される予定である。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  プラークの可視化で炎症が減少

error in template: found but mtif was expected