メニューを開く 検索 ログイン

プラークの可視化で炎症が減少

2020年03月05日 05:00

5名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Plaque HD®

 口腔衛生状態が全身の炎症性疾患と関連していることは、多くの研究において報告されている。このたび歯周プラークを識別する技術によってプラークを効果的に除去できる歯磨き粉の使用で、炎症マーカーの高感度C反応性蛋白質(hs-CRP)が減少することが確認されたと、米・University of WisconsinのAmit Acharya氏らがAm J Med2020年2月23日オンライン版)に報告した。この歯磨き粉は全身の炎症性疾患リスクを低減させる可能性があり、今後さらなる研究が実施される予定である。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  プラークの可視化で炎症が減少

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD524488 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外