メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ肺炎に対応した病院の工夫を紹介

 2020年03月05日 05:05
プッシュ通知を受取る

25名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(2019-nCoV)の感染拡大に伴い、今後新たに同ウイルス感染症(COVID-19)患者を診療する医療施設も多くなるとみられる。国内において初めて同患者が確認された直後から対応に当たってきた横浜市立市民病院感染症内科科長の立川夏夫氏は、2019-nCoVの感染対策について第35回日本環境感染学会(2月14~15日)で説明。自施設で考案した病棟づくりや個人用防護具(PPE)の装着ルールなどを紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ肺炎に対応した病院の工夫を紹介