メニューを開く 検索を開く ログイン

中等度~重度結節性痒疹用の新薬を検討

モノクローナル抗体ネモリズマブの第Ⅱ相試験

 2020年03月06日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 欧州の結節性痒疹患者を登録した第Ⅱ相多施設共同二重盲検ランダム化比較試験で、インターロイキン(IL)-31受容体を標的とするモノクローナル抗体ネモリズマブが瘙痒と皮膚病変を有意に改善することが示された。詳細は、ドイツ・University Hospital MünsterのSonja Ständer氏らがN Engl J Med2020; 382: 706-16)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

政府、各世帯に布マスク2枚を配布へ

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  中等度~重度結節性痒疹用の新薬を検討

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524518 有効期限:4月末まで