メニューを開く 検索を開く ログイン

尿酸は高値、低値とも死亡リスクに

リスク上昇の閾値には男女差

 2020年03月09日 05:05
プッシュ通知を受取る

20名の先生が役に立ったと考えています。

 高尿酸血症は早期死亡、心血管疾患の発症と関連することが報告されているが、一般住民の生命予後と関連する血清尿酸値の男女別閾値についての検討は少ない。山形大学公衆衛生学・衛生学講座教授の今田恒夫氏は「健診受診者の大規模データベースを用いた研究の結果、日本人における血清尿酸値の高値または低値は全死亡、心血管死亡の独立した危険因子であり、リスクが上昇する尿酸値の閾値は男女で異なる可能性が示された」と第53回日本痛風・尿酸核酸学会(2月13〜14日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  尿酸は高値、低値とも死亡リスクに

error in template: found but mtif was expected