メニューを開く 検索を開く ログイン

開発中の胆汁酸吸着薬、有効性示す

PPI抵抗性GERDで

 2020年03月10日 16:55
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images designer491 ※画像はイメージです

 胃食道逆流症(GERD)に対しては、標準的な治療薬としてプロトンポンプ阻害薬(PPI)が広く使用されているが、PPIに抵抗性を示すGERD患者は少なくない。こうした中、治療抵抗性のGERD患者において、開発中の胆汁酸吸着薬であるIW-3718をPPIと併用することで、胸焼け症状の重症度が低下したとするランダム化比較試験の結果が明らかになった。米・Vanderbilt University Medical CenterのMichael F. Vaezi氏らがGastroenterology(2020年2月21日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナ感染者、日本はなぜ少ない

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  開発中の胆汁酸吸着薬、有効性示す

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05524565 有効期限:5月末まで