メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  開発中の胆汁酸吸着薬、有効性示す

開発中の胆汁酸吸着薬、有効性示す

PPI抵抗性GERDで

2020年03月10日 16:55

19名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images designer491 ※画像はイメージです

 胃食道逆流症(GERD)に対しては、標準的な治療薬としてプロトンポンプ阻害薬(PPI)が広く使用されているが、PPIに抵抗性を示すGERD患者は少なくない。こうした中、治療抵抗性のGERD患者において、開発中の胆汁酸吸着薬であるIW-3718をPPIと併用することで、胸焼け症状の重症度が低下したとするランダム化比較試験の結果が明らかになった。米・Vanderbilt University Medical CenterのMichael F. Vaezi氏らがGastroenterology(2020年2月21日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  開発中の胆汁酸吸着薬、有効性示す