メニューを開く 検索を開く ログイン

パーキンソン病の新薬がジスキネジアに有効

 2020年03月10日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 脳内のドパミンが欠乏して振戦や動作緩慢などの症状が現れるパーキンソン病(PD)では、標準治療としてレボドパが投与されるが、ドパミン過剰によるジスキネジアを誘引しやすいという課題がある。英・King's College LondonのRia Fisher氏らが選択的セロトニン5-HT1A受容体作動薬NLX-112をPDモデルのマーモセットに投与したところ、ジスキネジアの出現が抑制されたとNeuropharmacology2020; 167: 107997)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今日から飲食店などが原則禁煙に

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  パーキンソン病の新薬がジスキネジアに有効

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P04524586 有効期限:4月末まで