メニューを開く 検索を開く ログイン

パーキンソン病の新薬がジスキネジアに有効

 2020年03月10日 05:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 脳内のドパミンが欠乏して振戦や動作緩慢などの症状が現れるパーキンソン病(PD)では、標準治療としてレボドパが投与されるが、ドパミン過剰によるジスキネジアを誘引しやすいという課題がある。英・King's College LondonのRia Fisher氏らが選択的セロトニン5-HT1A受容体作動薬NLX-112をPDモデルのマーモセットに投与したところ、ジスキネジアの出現が抑制されたとNeuropharmacology2020; 167: 107997)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  パーキンソン病の新薬がジスキネジアに有効

error in template: found but mtif was expected